TRDアクシオGTテストドライブ

TRDがアクシオGTのワンメイク車両に乗せてくれるというので、スーツとメットだけもって、FSWまで行ってきました。

f0008062_10473979.jpg
用意されていたのは25号車、SAMURAI AXIO GT。土屋武士さんのショップのクルマです。

f0008062_10521517.jpg
よくみれば、スリックタイヤ! 

f0008062_10483771.jpg
「FFでリアタイヤが暖まりにくいから気をつけて」とのレクチャーを受け、内装のないレーシーなコクピットへ。

f0008062_23262927.jpg
メカニックの方にシートベルトを締めこんでもらってます。なんかプロドライバーみたいで気分がいい。(笑)

f0008062_2328799.jpg
低速トルクがまるでなく、相当クラッチワークに気を遣いましたが、
なんとかエンストしないでコースイン。

ブレーキはノンサーボで、かなり踏力を使います。
ベースはカローラでも、これは本物のレーシングカー。
ナンバー付きの車両でなく、
れっきとしたレースカーを操っているという実感があります。

f0008062_23283442.jpg
2周は様子見で3周めから攻めはじめましたが、
ペダル位置がエリーゼと違うので
ヒールアンドトゥがうまく決まりません。

寒さのせいもあり、 なかなかグリップが上がらず、
100Rでリアが流れた時にはひやっとしました。 (汗)

f0008062_2329649.jpg
タイヤも暖まり、いよいよ本気アタックと思ったら、Pのサイン。
4周周回して、2′12″がベスト。 譲り、譲られの周回だったので、
クリアだったら、10″は楽に切れたかなという感じ。

f0008062_10502190.jpg
その後、tipoでおなじみのライター橋本洋平さんにバトンタッチ。 彼は別の車両でこのレースに出ているとか。

アタック1周めで2′9″。最終的に4″台まで入れて終了。

走行後、TRDのスタッフ、橋本さん、土屋さんらとブレスト。
来期の参加台数を増やすにはどうしたらいいか、意見を聞かれました。
…どこも抱えている悩みは同じようです。

最後に、ライターの橋本さんから取材を受けたので、
2月あたりのJ's Tipoに載るかもしれません。

はじめてスリックタイヤのレーシングカーに乗りましたが、
レーシングカーを操っているという感覚は、
エリーゼにはないものでした。


f0008062_10505462.jpg


新車コンプリで660万くらいだそうですが、知り合いのショップで
中古ベースなら350万くらいで組めるからどう?と誘われました。

このオフはいろいろ楽しい悩みが増えそうです。(笑)
[PR]

  by elise-111 | 2009-12-19 10:57 | サーキット

<< 本年もありがとうございました。 チャンピオンを掛けた最終戦。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE